楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

桜への関心高く―台北からの訪日再開は23年春ごろに期待 地球の歩き方、台北国際旅行博で旅行意識調査

旅行ガイドブックを発行する地球の歩き方は11月に開かれた台北国際旅行博に出展し来場者に旅行意識の調査を行った。日本への旅行再開時期は8割以上が1年以内と回答し、桜の季節への関心度の高さから、本格的な台北からの訪日再開は2023年春ごろが期待できるという結果が得られた。

過去の訪日経験は1―5回の41%が最多。経験なしは23%で、回答者の77%が訪日した経験があった。

次の日本旅行は22年中が19%を予定。3カ月以内が18・3%、半年以内が22・7%、1年以内が23%と8割以上が1年以内を検討しており、本格的な訪日再開は目前に迫ってきているようだ。

台北国際旅行博旅行意識調査

次の日本旅行を検討している時期
についての回答結果

日本の桜・花見については、花見の季節には必ず行くが52・8%、知っており日本で花見がしたいが42・2%で、95%が関心を示した。以前から人気が高かった日本の桜の認知度、需要の高さは衰えていない。春ごろまでの訪日を検討している旅行者の多さ、桜の人気からも23年春、桜シーズンでの来訪が期待できそうだ。

旅行先について情報収集する時期は1―3カ月前の29・2%が最多で、半年から1年以上前から情報収集をしている人も。同社では1―2シーズン先の情報を発信できていると訪問先に選ばれる可能性が高まると分析しており、「現段階でそのフェーズに入った。訪日台湾人旅行者への情報発信は今が適期」と指摘している。

調査は11月4―7日に行い、回答数は1430件。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ