楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

改正旅行業法施行控え施行規則を一部改正 旅行サービス手配業や地域限定旅行業管理者

17/11/10

観光庁は10月31日、6月公布の「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律」の施行に必要な規定を整備するため、旅行業法施行規則などの一部を改正する省令を交付した。これにより旅行サービス手配業者の登録に関する申請様式が定められ、登録受付が各都道府県庁で順次始められる。

今回の改正旅行業法は、ランドオペレーターの「旅行サービス手配業者」登録や、地域限定旅行業の規制緩和、地域通訳案内士の創設などを含む。一部改正の省令案については8月25日―9月25日にパブリックコメントを募っていた。

今回の省令の主な改正は、旅行サービス手配業関係では、旅行サービス手配業のうち、海外における運送や関連サービスの手配行為については規制対象となる行為から除外する▽旅行サービス手配業につき、下限割れ運賃での貸切バスの手配や不法な営業を行っている土産物店への連れ回しなどを禁止行為とする―など。

旅行業関係では、地域限定旅行業者の営業所間の距離が40キロ以下で、取扱額の合計が1億円以下の場合は旅行業務取扱管理者が複数営業所で兼務できる▽地域限定旅行業務取扱管理者試験の科目を「総合」「国内」試験に比べて簡略化する―など。

旅行サービス手配業者の登録に関する申請様式などは観光庁HPに用意されている。

なお観光庁は、改正旅行業法の説明会について近畿、中部エリアで追加開催することを発表した。10月の開催時に両エリアの会場は満員だった。

近畿は11月21日、中部は22日。ただし中部は再度満員になった。詳細は観光庁HPで。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ