楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

国交省、「手づくり郷土賞」19件を発表

17/12/20

国土交通省は12月14日、地域づくりの優れた取り組みを表彰する2017年度の「手づくり郷土(ふるさと)賞」19件を選定、発表した。

手づくり郷土賞は地域の個性・魅力を創出し、社会資本と関わりをもつ優れた地域活動を表彰するもの。1986年度に創設され、今年度で32回目。

今回は全国から37件の応募があり、そのなかから一般部門16件、これまでに受賞経験があるものから選ぶ大賞部門3件を選定。受賞した地域と取り組み名は次の通り。

【一般部門】 北海道稚内市―古き良きものを守る▽岩手県一関市―「骨寺村荘園遺跡」等の保全と地域の活性化を目指す活動▽宮城県石巻市―石巻南浜津波復興祈念公園における市民の伝承活動▽茨城県古河市、栃木県栃木市・小山市・野木町、群馬県板倉町、埼玉県加須市―渡良瀬遊水地の未来に向けて▽新潟県糸魚川市―100年の景観づくり「枝垂れ桜の咲く里への回り道▽静岡県静岡市―うしづま水辺の楽校 子供達のたくさんの笑顔、オクシズの魅力アップを目指す▽静岡県沼津市―かのがわ風のテラス▽兵庫県神戸市―須磨ニュータウン周辺の森を整備し、癒しの森(場)づくり▽兵庫県赤穂市―坂越浦の礎を築いた北前船廻船物語▽広島県三次市―住民自治で創る川西のまちづくり▽愛媛県松山市・松前町―重信川河口域の湿地環境保全▽福岡県田川市―水辺空間を活かしたまちづくり▽熊本県錦町―球磨川のほとりに咲くツクシイバラ▽大分県津久見市―河津桜に夢をのせて▽大分県九重町―野焼きによる感動の景観づくり▽沖縄県名護市―公園での「まつり」と周辺の「やすらぎ」空間の創出

【大賞部門】 神奈川県川崎市―「多摩川エコミュージアムプランの推進」人をつなげる森と川▽徳島県徳島市―万代中央ふ頭(音楽が紡ぐ港の魅力発信)▽大分県大分市―海と街とのやさしい出合い

受賞した中からグランプリは1月28日に東京都港区の発明会館で開く「手づくり郷土賞グランプリ2017」で決定する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ