楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

国土交通大臣賞に「富岡製糸場」 日観協の観光ポスターコンクール

19/04/19

日本観光振興協会は4月17日、日本観光ポスターコンクールの入賞作品を発表した。グランプリにあたる国土交通大臣賞に群馬県富岡市の「世界遺産 富岡製糸場」が選ばれた。応募総数は147作品。

同コンクールは1947年から始まり、今回で67回目。一次審査で52作品に絞り込み、評論家の山田五郎さん、写真家の映画監督の宮澤正明さん、グラフィックデザイナーの左合ひとみさんによる審査会で各賞を決めた。消費者からのオンライン投票も受け付け、約2万2千票が投じられた。

総務大臣賞は秋田県の「秋田犬の里集中プロモーション『行け、行け、アキタ。』」、観光庁長官賞は渥美半島観光ビューロー(愛知県)の「渥美半島田原市の四季の魅力」、日本観光振興協会会長賞は室蘭観光推進連絡会議(北海道)の「Photogenic City 室蘭」、インバウンド賞はJR東日本秋田支社の「GO!OGA!」がそれぞれ選ばれた。

審査員から評価の高かった作品に贈る審査員特別賞は、JRグループの「愛知デスティネーションキャンペーン 未来クリエイター愛知 想像を超える旅へ。」が受賞。オンライン投票の1位は長州路観光連絡会・下関長門連携事業専門部会の「絶景をハシゴする」だった。

表彰式は6月7日に開かれる同協会の総会で行われる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ