楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

4-6月期、日本人の国内旅行消費額は17・1%増と大幅増

19/08/22

観光庁が8月21日に発表した4-6月期の日本人の旅行・観光消費動向調査(速報)によると、国内旅行消費額は前年同期比17・1%増の5兆9000億円と大幅に伸びた。GW10連休が寄与した。

国内旅行消費額のうち、宿泊旅行は16・4%増の4兆4289億円、日帰り旅行は19・6%増の1兆4711億円だった。

日本人の国内延べ旅行者数は13・1%増の1億6525万人で、内訳は宿泊旅行が19・1%増の8335万人、日帰り旅行が7・6%増の8190万人だった。

1人1回当たりの宿泊旅行単価は5万3135円

1人1回あたりの旅行単価は3・6%増の3万5704円。宿泊旅行は2・3%減の5万3135円、日帰り旅行は11・1%増の1万7963円だった。

宿泊旅行単価の減少について観光庁観光戦略課観光統計調査室では、統計上の誤差の範囲との見方を第一に示しながら、「GWに複数回宿泊旅行した人や、昨年はしなかった人が、今年は宿泊旅行をしたことなどが影響しているかもしれない」と話した。

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ