楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行会社専用の窓口、運輸局に開設 新型コロナ拡大に対応

20/02/25

観光庁は2月17日から、新型コロナウイルスの感染拡大により経営環境の変化に直面している旅行業者などを支援するための特別相談窓口を全国の地方運輸局に開設した。

中国への企画旅行の取りやめ、手配旅行の自粛および中国からの団体旅行や個人向けツアーなどの取り扱いの停止などにより旅行者の減少などにより経営環境が厳しくなった旅行業者、旅行業者代理業者および旅行サービス手配業者からの相談・要望に対応する。

窓口では、活用可能な支援策の紹介、中小企業支援策や雇用調整助成金の活用を検討する業者に対して経済産業局や都道府県労働局の窓口を案内する。

また政府は2月13日、新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策をまとめた。そのうち「観光業等の中小企業・小規模事業者対策等」については、中小企業や小規模事業者に対して日本政策金融公庫などによる貸付や信用保証協会によるセーフティネット保証により資金繰り支援を実施。特に、日本政策金融公庫などにおいて新型コロナウイルス感染症に関する特別相談窓口を開設し、資金繰り支援の必要がある場合、売上高減少の程度に関わらず、セーフティネット貸付の対象とするよう要件を緩和する。

信用保証については、特に重大な影響が生じている業種について通常とは別枠で借入債務の80%を保証するセーフティネット保証5号を実施するとともに、自治体の要請があった場合に通常とは別枠で借入債務の100%を保証するセーフティネット保証4号を実施する。

これらの資金繰り支援を的確に実施するため、日本政策金融公庫などに新型コロナウイルス感染症対策のための緊急貸付・保証枠として5千億円を確保する−というのが対応策の概要。

今後も「事態や地域の置かれた状況の変化を見極めつつ、観光業への対策など必要な施策を講じていく」としている。

なお、各運輸局に設置された相談窓口は次の通り。

北海道運輸局観光部観光企画課 電話011−290−2700
東北運輸局観光部観光企画課 電話022−791−7509
関東運輸局観光部観光企画課 電話045−211−1255
北陸信越運輸局観光部観光企画課 電話025−285−9181
中部運輸局観光部観光企画課 電話052−952−8045
近畿運輸局観光部観光企画課 電話06−6949−6466
中国運輸局観光部観光企画課 電話082−228−8701
四国運輸局観光部観光企画課 電話087−802−6735
九州運輸局観光部観光企画課 電話092−472−2330
内閣府沖縄総合事務局運輸部企画室 電話098−866−1812

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ