楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ニューノーマル対応と収益力向上 観光庁、宿泊施設アドバイザー派遣事業を公募

20/07/03

観光庁は6月30日、「宿泊施設アドバイザー派遣事業」の公募を始めた。新型コロナウイルス感染拡大による「新しい生活様式」に対応しながら、新たなビジネスモデルの構築など高付加価値化、収益力向上に向けた宿泊施設の取り組みを支援する。

同事業では、宿泊施設の取り組みについて、アドバイザーの派遣に必要な経費や実証事業の経費を支援。アドバイザーは事業計画の作や金融機関との調整、補助金の申請支援などをサポートする。

対象となる取り組みは、「宿泊施設単独の取り組み」と「宿泊施設が地域の事業者らと共同で行う取り組み」の2種。

「宿泊施設単独の取り組み」は、宿泊施設の事業継続や感染防止対策、高付加価値化への改修プランの作成、管理システムの導入やIT化による業務効率化、「新しい生活様式」に対応した新たなビジネスモデルの構築などで、1申請あたり上限1千万円を補助。15件程度の採択を予定している。

「宿泊施設が地域の事業者らと共同で行う取り組み」は、地域との共同事業や施設の経営統合、事業継承など。補助は1申請あたり1500万円が上限で、採択予定は5件程度。

公募期間は7月30日まで。申請方法など詳しくは観光庁HPへ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ