楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光庁 スノーリゾート18地域の近代化、国際化を支援

20/07/06

観光庁はスキー場など、スノーリゾートの国際競争力強化を支援する。7月3日、蔵王(山形県山形市、上山市)、湯沢(新潟県湯沢町)、白馬(長野県大町市、白馬村、小谷村)など、支援する18地域を発表した。

志賀高原(長野県山ノ内町)も支援対象に

索道の更新や撤去、高機能降雪機の導入、多言語化、キャッシュレス対応、アフタースキーのコンテンツ造成や情報発信などを対象に、事業費の2分の1を補助する。予算総額は20億円。

スノーリゾートシティの整備として個別のスキー場ではなく札幌市を支援の対象にしたことや、スキー場の近代化を促すため索道の撤去費用も対象にしているのが特徴。

国が20億円を投入し、「世界に誇れるスノーリゾート」への期待を込め選定した18の地域は次の通り。

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ