楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光庁、訪日客受入環境整備事業を公募 地方のインバウンド対応と感染症対策

20/07/13

観光庁は7月10日、「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金」の公募を始めた。当初の「地方での消費拡大に向けたインバウンド対応支援事業」に、補正で「感染症対策事業」も加えた。

「地方での消費拡大に向けたインバウンド対応支援事業」の補助対象は地方自治体や観光協会を含む民間事業者、航空旅客ターミナル施設設置・管理者、空港・港湾管理関連の協議会など。対象事業は(1)外国人観光案内所(2)観光拠点情報・交流施設(3)観光スポットの段差の解消(4)非常用電源装置及び情報端末への電源供給機器で、(1)―(3)は補助対象経費の3分の1以内、(4)は補助対象経費の2分の1以内を交付する。

「感染症対策事業」の補助対象は地方自治体やDMO、商工会議所・商工会、観光協会など。感染症対策機器などの整備について補助対象経費の2分の1以内を補助する。
応募期間は10月30日まで。予算がなくなり次第、終了する。

詳しくは観光庁HP(http://www.mlit.go.jp/kankocho/)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ