楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

社員が高める千畳敷の価値 長野県駒ヶ根市・ホテル千畳敷

22/07/06

長野県駒ヶ根市から中央アルプス観光の森部浩昌社長と大蔵文夫取締役、澤村大樹部長がこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、標高2612メートルに建つホテル千畳敷のリノベーションなどについて紹介した。

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイの終着駅にあるホテル千畳敷は「日本でいちばん空に近いホテル」。眼下に広がる伊那谷を挟んで、南アルプスの主峰・北岳や間ノ岳、さらには富士山と標高日本ベスト3を望む大パノラマが自慢の宿だ。リノベーションでは、反対側の千畳敷カールや宝剣岳を一望できるテラスを新設し、レストランと売店も改修する。いずれもユニバーサルデザインを採用し誰もが高山を気軽に体験できるようになる。

森部社長は「コロナ禍で厳しい中、思い切って投資しました。唯一無二の価値をさらに高めるスタッフのアイデア、モチベーションアップにつながれば。ご期待ください」。竣工は2023年1月の予定。

中央アルプス観光のお2人

中央アルプス観光のお2人

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ