楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go To トラベル:観光庁、「都民は取消料不要」の周知を要請

20/07/22

観光庁は7月21日、旅行2団体と宿泊4団体に、Go To トラベルで7月10-17日予約した東京発着や東京都民の旅行について、キャンセル料を取らないよう周知を要請した。

Go To トラベルは7月10日に開始が発表され、17日に東京除外が発表された。

すでにキャンセル料を支払った場合は、旅行会社や宿泊施設など事業者に返金を求めることができる。返金により事業者に損失が生じた場合は、Go To トラベルの事業予算から補填する。

また、今後のキャンセルの申し出については、事業者はキャンセル料は収受しない。事業者に対してはGo To トラベルの事業予算からキャンセル料相当額を還付する。

還付の申請方法や時期については、今後、Go To トラベル事務局のウェブサイトなどで改めて案内するとしている。

観光庁がキャンセル料の取り扱いについて会員へ周知を要請した6団体は次の通り。日本旅行業協会、全国旅行業協会、日本旅館協会、日本ホテル協会、全日本シティホテル連盟、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ