楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

休業支援金が受給しやすく 厚労省が新基準

20/11/26

新型コロナウイルス感染症の影響で仕事が休みになり、収入が途絶えた労働者に支給する国の「休業支援金・給付金」の運用基準がこのほど見直された。従来、事業所の指示で休んだことを事業所側が証明することが受給の条件だったが、休業前に6カ月以上の勤務実績などが確認できれば、事業所が休業と認めなくても支給する。

休業支援金・給付金は、賃金の8割(日額上限1万1千円)を労働者に支給する制度で事業主の負担はない。ただ、これまでは事業主が休業の証明を拒むなどして利用が伸び悩んでいた。日々雇用、シフト制のアルバイトなども申請でき、観光庁も観光関連団体を通じて事業者に周知、協力を呼びかけている。

詳細は、厚生労働省のホームページなど「休業支援金」で検索できる。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ