楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光庁、「心のバリアフリー認定制度」を創設 観光施設を公募、情報発信促す

21/01/13

観光庁は「観光施設における心のバリアフリー認定制度」を創設、昨年末12月25日から対象施設を公募している。バリアフリー対応に取り組み、情報発信に積極的な観光施設が対象で、誰もが旅行しやすい環境づくりにつなげていく。

同制度は、観光施設でのバリア、バリアフリー情報が不足している現状から、ハード面に加えソフト面のバリアフリー対応を促進させようと創設。観光施設に対し情報発信を促し、国や旅行予約サイトも含めてバリアフリーに関する情報流通の底上げを図る。

認定対象は宿泊施設や飲食店、観光案内所。移動式スロープの設置や筆談用のタブレット端末の備え付けなどソフト面のバリアフリーの取り組みを3つ以上行う▽従業員に年1回以上のバリアフリーに対する教育訓練を実施▽自社サイト以外のサイトでの情報発信―といった条件をすべて満たすことで認定する。認定を受けた施設は認定マークが使えるようになる。

詳しくは観光庁HP(https://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/sangyou/innovation_00001.html)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ