楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

今だからこそ知ってほしい日本の産品 農水省、「フード・アクション・ニッポンアワード」受賞産品を表彰

21/02/01

農林水産省は1月26日、東京都港区のSTAR RISE TOWER「Studio Earth」で、全国の優れた産品を発掘・表彰する「フード・アクション・ニッポンアワード2020」の表彰式を開いた。受賞10産品や「味の匠応援プロジェクト」選出の3グループなどに対し、オンラインで表彰を行った。

アワードは今回で12回目。国産農林水産物の消費拡大を目的に実施しているもので、今年度は「日本の魅力ある産品を、今だからこそ知ってほしい」をテーマに開催した。全国から1019産品が応募し、1次審査で入賞100産品を選定。そのなかから受賞10産品を選び、表彰式当日は温リンで各地と結び実施した。

受賞したのは、ヤマヤ醤油有限会社(静岡県)「発酵旨味オイル」▽新湊かまぼこ(富山県)「かまぼこチップス」▽猫島商店(広島県)「レモン胡椒」▽MightyKonjac こんにゃく工房 迦しょう(群馬県)「てんぐの玉手箱」▽十勝清水町農業協同組合(北海道)「とかリット(にんにく旨塩)」▽マウントスマイル(山形県)「酒田の塩 浅漬けの素」▽フタバ(新潟県)「UMAMIだし 野菜」▽後藤製菓(大分県)「ジンジャーパウダー」▽HellCompany(大分県)「ゴロゴロドン丼」▽山田屋水産(静岡県)「おひさまだい だいだい胡椒」。

また、特別賞の「REACH STOCK が選ぶ一次生産物」は、東御こもだ果樹園 (長野県)「皮ごと食べる3色ぶどうギフトセット」▽千葉農園 (宮城県)「余目曲がりネギ」▽馬場園芸 (岩手県)「白い果実フローズン」。「FAN バサダー芸人が選ぶ3産品」は、鹿児島県立鶴翔高等学校 (鹿児島県)「旨鹿醤」▽ノフレ食品(北海道)「やみつきニシン」▽アビアス京都(京都府)「京都が育んだキノコの濃熟ポタージュ」がそれぞれ選ばれた。

「味の匠応援プロジェクト」はコロナ禍の影響を受ける地域と料理人のチームが地域の食材を活用した新たなメニュー・商品を開発するコンテスト。45グループが応募し、3グループが選出された。

選定グループとメニューは、Zen Resorts(長野県・岐阜県)・鳥羽磯部漁業協同組合(三重県)「海と森のマリアージュ―絆」▽ノースコーポレーション・さいたまヨーロッパ野菜研究会・FENNEL(埼玉県)「規格外さいたまヨーロッパ野菜を使った、季節のミネストローネベース」(春・夏・秋・冬)▽ドゥークー・七福醸造・杉浦味淋(愛知県)「碧醸造2代目」。

海と森のマリアージュ

「海と森のマリアージュ」

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ