楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

21年度補正予算が成立 中小企業に最大250万円「事業復活支援金」創設、インボイス制度にも要注目

21/12/27

2021年度補正予算が12月20日に成立し、コロナ禍で減収に陥った中小企業向けに最大250万円を給付する「事業復活支援金」が盛り込まれた。

事業復活支援金は、21年11月から22年3月の間に1カ月の売上が前年(20年)もしくは前々年(19年)同月比50%または30%以上減少した事業者が対象。全国の全業種、中堅および中小企業、個人事業主、フリーランスに、21年11月−22年3月の売上減少額を基準に算定した金額を5カ月分支給する。

売上が50%以上減少した法人の場合、年間売上高1億円以下で100万円、1億円超から5億円までで150万円、5億円超は250万円。個人事業主は最大50万円を給付する。

また、売上が30%以上50%未満で減少した場合、法人では同様に60万円、90万円、150万円を支給。個人事業主は最大30万円となる。

一方、23年10月から導入されるインボイス制度に対しても補助金が設けられる予定。

同制度は、商品やサービスを購入する際に発行・保存する請求書を「適格請求書(インボイス)」で行うことを義務付けるもので、適格請求書は「的確請求書発行事業者」の登録を行わなければならない。そのため、インボイス制度に向けて経理業務のIT化に対して補助金が設けられるという。

適格請求書は発行側が受取側に対し正確な適用税率や消費税額を伝え、正しく消費税の納付を行うことが目的。請求書や納品書などの書類は保存する必要が生じ、23年10月1日以降は、適格請求書によるやり取りが税額控除などの要件となる。

なお、事業復活支援金の創設により、月次支援金は廃止される。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ