楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「ミレニアル世代」への旅行マーケティング学ぶ 関西ブロック広域観光振興事業推進協議会、1月25日にオンラインセミナー

22/01/07

関西各府県や近畿運輸局、日本観光振興協会関西支部などでつくる関西ブロック広域観光振興事業推進協議会は1月25日、オンラインでセミナーを開く。テーマは、“デジタルネイティブ”と呼ばれる「ミレニアル世代」をターゲットにしたマーケティングの理解と手法。今後の旅行市場の主役となる世代へのアプローチを学ぶ。

ミレニアル世代は1981―96年生まれで、インターネットやSNSに早くから慣れ親しんだ世代。旅行市場の中心となっていく世代で、旅行スタイルなどもこの世代ならではの特性を持つ。

セミナーでは、バリーズCOOの平松ゆいさんを講師に招き、この世代の旅の特徴を知り、SNSの活用やマーケティングなど誘客につながる基本的な手段を学ぶ。

時間は14時―16時30分。

参加費は無料。関西の行政や観光協会、DMO、観光事業者らが対象で、定員は先着300人。

参加は1月17日までにこちらから申し込む。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ