楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

産業観光の過去、現在、未来 日観振ら、11月9―10日に福岡県北九州市で「全国産業観光フォーラム」

23/09/05

日本観光振興協会や福岡県北九州市などは11月9―10日、同市の北九州国際会議場をメーン会場に、「全国産業観光フォーラムin北九州」を開く。近代産業発祥の地ともいわれる北九州の地から今後の産業観光のあり方を考える。

メーンテーマは「北九州産業観光の過去、現在、未来」。9日は産業観光まちづくり大賞の表彰式に続き、パネルディスカッションでメーンテーマについて議論を交わす。同協会総合調査研究所顧問の丁野朗さんがコーディネーター、日本製鉄九州製鉄所の松井章之さん、安川電機の名村知美さん、TOTOミュージアム館長の古賀淳一さん、シャボン玉石けんの加藤友和さん、北九州市立大学大学院特任教授の岡林千夫さんがパネリスト。

9日夜には日本新三大夜景都市全国1位認定の北九州の夜景観賞、10日には北九州市内での産業観光についてのエクスカーションも実施する。

現在参加申し込みを受け付けている。9月30日まで。詳しくはhttps://www.nihon-kankou.or.jp/home/topics/1692772035/へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ