楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

平成会会長に小南氏 なにわ会、未来会議を設置し事業化

19/05/16

全優食チェーンなにわ会(平井敬子会長)と契約受入機関で組織するなにわ平成会(松永泉会長=砂丘会館)はこのほど、大阪市中央区の道頓堀ホテルで2019年度総会を開いた。106人が出席した。

平井会長は「なにわ会も今年、創業55周年を迎えました。55年の長きに渡って会員の皆様やエージェントの方々にご協力、ご支援いただいたおかげです。また本日の記念の総会にご出席いただいた会員の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。これからも堅実な経営を行い、社員一丸となって創業60周年に向かって前進してまいります。これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」とあいさつ。今総会を創業60周年に向けたスタートと位置づけ、営業力を強化していく考えを示した。

なにわ会の今年度事業については、大手旅行会社および保証クーポン加入旅行会社への営業強化や主催募集旅行会社への企画提案型セールス、インバウンド旅行の販売強化、送客過小地区やイベント開催地域の企画販売会議に取り組んでいくことを発表した。

なにわ会総会後、なにわ平成会の総会を開催。任期満了に伴う役員改選では新会長に小南正一さん(東尋坊正太楼)を選出した…

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ