楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

にっぽん丸、「クルーズ・オブ・サ・イヤー2019」優秀賞受賞

19/12/19

商船三井客船は12月19日、クルーズ客船「にっぽん丸」で10月に実施したクルーズ2本による瀬戸内海の観光振興の取り組みが評価され「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2019」優秀賞を受賞したと発表した。

授賞式の様子

クルーズ内容について

①「秋のウィークエンド 瀬戸内海・大三島クルーズ」 2019年10月18日~20日

神戸発博多着とすることでレール&クルーズ商品を展開。船上では瀬戸内海の旬の幸を使用した「秋の瀬戸内海ディナー」を提供

②「博多発着 にっぽん丸 瀬戸内国際芸術祭クルーズ」 2019年10月20日~22日

豊島をはじめとする各島へ上陸するにっぽん丸ならでは企画。地中美術館の貸切など瀬戸内国際芸術祭とのタイアップ企画を実施。

今回の受賞では、関連企業・団体や地域と連携し、人気の高い瀬戸内海でのクルーズにおいて更に価値を付加することで、全国にわたっての販売に成功し、新たなクルーズ顧客層の創出につなげたことが高く評価。瀬戸内海は全長200m以上の船舶の航行に制限があるが、小回りの利く「にっぽん丸」だからこそ、瀬戸内海の魅力を存分に引き出すクルーズを実施することができたといえる。

「今後も、より多くのお客様に船旅の楽しさをご提供できるよう、商品開発やサービス向上に積極的に取り組む」と同社。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ