楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

NTTドコモ、日本初の空港で5Gを活用した「遠隔アバター案内」の実証実験開始

20/01/31

NTTドコモ(以下、ドコモ)は2月3日から、成田国際空港と、成田空港第3ターミナルで、ディスプレイに表示されたキャラクターを通じて人が遠隔での有人案内を受けることができる、「遠隔アバター案内」の実証実験を開始する。空港で5Gを活用した遠隔での有人案内を実施するのは、日本初の取り組み。実験を通じて、将来的に空港内の案内業務において、居住地や服装を問わず遠隔地からでも実施可能になり、空港スタッフの採用機会の拡大を目指す。

イメージ

 

実験では、ドコモが2020年春に商用サービス開始予定の第5世代移動通信方式「5G」を活用し、「遠隔アバター案内」のカウンターに設置しているマイクやカメラから、人の問い合わせ音声データや映像データを遠隔地にいるオペレーターに伝送することで、ディスプレイ上のアバターが人と直接対面しているかのように、人への案内を実施するもの。

「遠隔アバター案内」は今後商用化をめざしており、実証における5G通信の実用性や、「遠隔アバター案内」に対する旅客者のニーズを検証し、商用化に向けた最適化を図っていく。

また、OB/OGスタッフのノウハウの活用や多言語対応等による案内品質の向上や、緊急時における案内ディスプレイなどの設置場所の変更なども視野に入れている。

ドコモは、5G通信の拡大に伴い、AI・IoTのほか各交通機関の運行情報などを連携することで、空港スタッフの働き方改革の促進や、有人対応・多言語対応の案内を必要とする他業界への展開に向けた検討を進めていく。

 

実証実験概要

 

1.実証実験のポイント

 ・日本初、空港ターミナルに5Gプレサービス環境を構築し、遠隔アバター案内サービスを提供

 ・将来的な空港案内スタッフ採用機会拡大や、案内品質向上、緊急時の対応

 

2.実証実験イメージ

提供イメージ

 

3.実施期間

 2020年2月3日(月)~3月27日(金)の平日14:00~15:00の1時間帯(予定)

 3月2日(月)を除く

 

4.実施場所

 成田空港第3ターミナル2階 保安検査場前

 

5.各社の役割

・ドコモ 

  5Gプレサービス環境の提供

  5Gプレサービス対応端末等機器設備の貸与

・成田国際空港

 実証実験エリアの提供

   案内スタッフの確保

・Gugenka®

 アバターキャラクターの製作

   アバター案内システムの構築

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ