楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新しい旅行様式3つのポイント リーガグラン京都、7月15日“激戦区”に開業(2)

オーバーツーリズムがない今こそ

第3は、快適性・利便性。どれくらい利用者ファーストか。ホテルとしてはビジネスホテル以上ラグジュアリーホテル未満の位置付けなのに、備え付けのルームウェアでの大浴場やレストランへの移動が許容され、それに合わせてカゴバッグとサンダルも用意されていた。シモンズと共同開発のベッドはラグジュアリーホテルクラスのものでもちろん寝心地がよい。客室は多様な充電ケーブル、無料Wi―Fi、チェックイン前・チェックアウト後にも利用できる1階の無料コインロッカーもあって重宝する。

リーガグラン京都

京都らしい雰囲気に包まれた
スーペリアツイン客室

宴会場を持たない宿泊主体型ホテルだが、通常価格は一般的なビジネスホテルよりも高め。ただ、公式サイトには開業記念として1室2名利用1泊朝食付き1人7900円から(税・サ込み、室数限定で9月30日まで)や、京都市民限定「地元応援! 京都で食べよう、泊まろうキャンペーン」など手ごろなプランも。

前年までのオーバーツーリズムで京都観光を諦めていた人は、今がチャンス。京都を旅の目的地にしてみては。

【リーガグラン京都】 京都市南区東九条西山王町1、電話075―662―1121。客室数261室516人収容。料飲1店舗144席、大浴場も備わる。投資額は約5億円。URLはhttps://www.rihga.co.jp/gran-kyoto

旅した人・佐川深雪(サガワミユキ)さん 風の人研究所/SDGsde地方創生 公認ファシリテーター。地域課題に良質な変化をもたらすキーパーソン「風の人」の事例を研究する一方、カードゲームを使って人口減少時代のまちの近未来を疑似体験できる講座を開催。旅行雑誌の取材で地域活性に対して熱量の高い人たちに出会って刺激を受けたことを機に、大阪市立大学大学院創造都市研究科で都市経済・地域政策を学ぶ。

(前の記事)新しい旅行様式3つのポイント リーガグラン京都、7月15日“激戦区”に開業(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ