楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行業団体の現況を伝える 大阪直案会・定例会、大阪・兵庫の4代表と懇談

21/12/17

大阪直営案内所連絡会(大阪直案会、谷口昇幹事長=山村別館)は11月18日、大阪市浪速区の難波学習市民センターで、第33期第3回定例会を開いた。

谷口幹事長は「コロナウイルス感染症もワクチン接種で以前よりもおさまった感があり、個人客は動き出したようだ。しかしながら我々の営業主体となる団体の動きは鈍い。こういったときだからこそ案内所が動き、存在感を示さないといけない。特に現地に対して我々は必要な存在であるということを訴えていく好機と捉えて行動しよう」と呼びかけた。

引き続き行った懇談会では一般社団法人全旅協大阪府旅行業協会の吉村実会長(歓喜旅行サービス)、一般社団法人兵庫県旅行業協会の山口嘉幸会長(ハートトラベル)、株式会社HATAの山中英彦社長(みずほトラベルサービス)、兵庫県旅行業協同組合の門田基秀理事長(国際旅行)が出席。

吉村会長は今年…

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ