楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

城泊・寺泊・古民家泊でインバウンド誘客強化 観光庁、「歴史的資源を活用した観光まちづくり事業」公募開始

22/02/10

観光庁は2月10日、「訪日外国人旅行者周遊促進事業費補助金(歴史的資源を活用した観光まちづくり事業)」の公募を始めた。城や社寺、古民家など付加価値の高い滞在環境を整備した観光まちづくりの成功事例をつくり、インバウンドの長期滞在や旅行消費額の増加につなげる。

対象はDMOや、自治体や民間事業者なでつくる地域協議会、民間事業者など。すでに城泊・寺泊・古民家泊に取り組んでいる地域であることが条件。

平戸城

城泊の先進事例、平戸城(長崎県)

客室の改修や多言語対応、感染症対策などインバウンドの受入環境整備に必要な経費、インバウンド向けの体験型・滞在型コンテンツに関する経費―について補助する。補助率は補助対象経費の2分の1で、上限は1千万円。

応募受付は3月9日17時必着。詳しくは観光庁HP(https://www.mlit.go.jp/kankocho/topics05_000402.html)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ