楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

森林セラピーの癒しを 関西圏の基地が集い大阪でフェア開く

18/03/19

森林セラピー基地関西ネットワークは2月24日、大阪市内で初の「森林セラピーフェア」を開いた。森林が持つ癒し効果を心身の健康づくりに生かす森林セラピー基地の魅力を発信した。

同ネットワークは兵庫県宍粟市、奈良県吉野町、三重県津市、和歌山県高野町、滋賀県高島市、鳥取県智頭町で組織。森林による癒しを体感してもらおうと体験プログラムを提案、都会からの来訪を勧めている。

会場では、森林セラピーの効果を伝えるセミナーや、森のアロマ抽出の実演や森のVR体験など市町ごとに実施。各基地の特徴やコースも紹介した。森林セラピー情報を求めた人、旅行会社など多くの人が来場した。

森林セラピーフェア

体験ブースや現地ガイドとの
会話で魅力をアピール

吉野町のガイド「吉野美林案内人」の綛谷智雄さんと石井俊行さんに現状を聞くと、同町では2017年に約700人が森林セラピー体験に参加。ツアープランも用意しており、年々参加者が増えているという。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ