楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

3旅行業協同組合と商談 三重路会

22/08/02

三重県観光関西協議会(三重路会、木村久喜会長=戸田家)は7月5日、大阪市北区の駅前第2ビルの大阪市総合学習センターで商談会を開いた。商談会は午前と午後の二部制で実施し、大阪府・兵庫県・京都府の3つの旅行業協同組合の組合員合わせて27人が出席した。

木村会長は「コロナ禍で旅行会社への営業ができないなか、大阪府旅行業協同組合の鈴木隆利理事長に相談したところ『我々も情報が入ってこないので困っている』とのことで、兵庫と京都の協同組合にお声掛けいただき、本日の商談会開催となりました」とあいさつ。

鈴木理事長は「コロナの影響で、どこの施設がどのように営業しているのか、またどんな企画を持っているのかわからない。今日はしっかりと皆さんから情報をいただいて、秋に向けての送客につなげたい」と、送客に意欲をみせた…

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ