楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

1位は「しまかぜ」、九州も人気 阪急交通社の観光列車検索ランキング

17/08/23

阪急交通社は7月13日、自社サイトでの検索における観光列車名のキーワードランキングを発表した。ツアー利用の列車の検索が多くなると考えられるが、ツアー設定のないものも。1位は近鉄の「しまかぜ」が獲得、トップ10には西日本を中心に多士済々の顔ぶれが並んだ。

1位の「しまかぜ」は大阪・京都から伊勢志摩へ向かう。本革使用の上質なシートと車窓風景によるくつろぎの空間が人気だ。2位はJR西日本・IRいしかわ鉄道「花嫁のれん」。金沢―和倉温泉を結び、北陸文化を体感できる。

3位には「或る列車」、9位に「ななつ星in九州」、10位に「ゆふいんの森」と、観光列車のパイオニアとも呼べるJR九州から3列車がランクイン。4位にも肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」が入り、九州の列車人気はやはり高い。

そのほか5位はJR四国「伊予灘ものがたり」、6位はJR西日本「SLやまぐち号」。東日本からも7位にしなの鉄道「ろくもん」、8位に大井川鐵道「トーマス号」が入った。

ランキングは2016年5月―17年4月の検索数合計から算出した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ