楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTBが「未来のお店」 トラベルゲート新宿店、リモート接客で混雑緩和

19/05/13

JTBは5月7日、直接対面ではなくリモート接客を行うコーナーを東京・トラベルゲート新宿店内にオープンした。モニターに映るスタッフが応対するもので、昨年6月に茨城県いわき市に開設した店舗に次いで2店目。JTBでは「デジタルテクノロジーとヒューマンタッチを融合した『未来のお店のカタチ』」としている。

新設したのは、トラベルゲート新宿店の「マイトラベル・リモートボックス新宿」。通常カウンター受付の待ち時間を解消する目的で設けた。大型の電話ボックスのような空間に2つのモニターが置かれ、離れた場所にいるオペレーターと旅行相談ができる。一方のモニターにはオペレーターが、もうひとつのモニターにはパンフレットなど旅行関連情報が映し出され、遠隔での接客でありながらリアル店舗と同等な接客を受けられる。

先行して開設したいわき市の店舗では、すでに1千人以上が利用。首都圏の他店舗では、カウンタータイプのリモート接客も展開している。

JTBでは、富裕層を対象にした豪華な店舗をはじめリアル店舗の「価値創造を目指した」(同社)多様な店舗づくりを推進している。最近では、旅行相談を有料化した店舗も話題になった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ