楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

利尻島・礼文島が1位、世界遺産登録の五島列島も急上昇 阪急交通社の離島ランキング

19/06/28

阪急交通社は6月26日、2018年6月―19年5月までに催行された1年間のツアー申込者数をもとに、日本国内の「離島ランキング」を発表した。1位は前回発表時(16年6月―5月催行分)と同様、利尻島・礼文島(北海道)だった。

利尻島は高山植物をはじめ豊かな自然を求めての登山や散策、礼文島も高山植物の花々を愛でる旅が定番。ツアー先として安定した人気を誇る。

沖縄県からは2位に石垣島、4位に竹富島、6位に西表島、10位に宮古島と4島がランクイン。南国が離島人気をけん引する。

目立つのは3位に入った五島列島(長崎県)。18年6月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産登録されたことで注目が集まり、前回時のランク外から大きくランクアップした。世界遺産関連では、5位に軍艦島(長崎県)、7位に屋久島(鹿児島県)もランクイン。

関西から近場の瀬戸内エリアからは、小豆島(香川県)が8位に、淡路島(兵庫県)が9位に入った。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この夏、海の鳥羽がひと際かがやく

本格的な夏の旅行シーズンが目前に迫り、梅雨明けが待ち遠しい。全国の観光地では活況に備え、魅...

瀬戸芸・日本遺産に湧く香川小豆島

3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。瀬戸内海の島々を舞台に、世界中からゲストを集めるビッグイベン...

世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

世界水準の山岳高原リゾート地を標ぼうする長野県。特集後編はビーナスラインから。その中核リゾ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ