楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

際立つ沖縄人気、バスツアーは新潟「長岡まつり大花火大会」が1位 HISの夏休み国内旅行予約動向

19/07/12

エイチ・アイ・エスは、夏休み(7月13日―9月30日)の国内旅行の予約動向をまとめた。総合予約1位は今年も沖縄本島となるなど、定番の旅行先が例年通りの強さをみせており、季節を体感できる体験やイベントが人気を集めているようだ。

総合1位の沖縄本島は、やはりファミリー層から高い支持。沖縄はジェットスター・ジャパンが成田、関空から宮古島へ新規路線を相次いで就航させたことで、4位に沖縄離島もランクするなど人気が高い。人気のアクティビティランキングでも恩納村でのシュノーケリングや西表島でのカヌー・カヤックなど上位の大半を沖縄での体験が占めている。

2位は「なつぞら」舞台の北海道で、十勝や帯広など道東方面の人気が高まっている。3位は九州、5位は首都圏。

バスツアーランキングは、首都圏発着、関西発着いずれも1位は新潟県「長岡まつり大花火大会」へのツアー。2位以降は阿智村「日本一の星空」や安曇野、新穂高ロープウェイなど長野県へのツアーが人気になるなど、首都圏、関西で同様の傾向になっている。

調査は6月18日時点の予約状況から。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ