楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

際立つ沖縄人気、バスツアーは新潟「長岡まつり大花火大会」が1位 HISの夏休み国内旅行予約動向

19/07/12

エイチ・アイ・エスは、夏休み(7月13日―9月30日)の国内旅行の予約動向をまとめた。総合予約1位は今年も沖縄本島となるなど、定番の旅行先が例年通りの強さをみせており、季節を体感できる体験やイベントが人気を集めているようだ。

総合1位の沖縄本島は、やはりファミリー層から高い支持。沖縄はジェットスター・ジャパンが成田、関空から宮古島へ新規路線を相次いで就航させたことで、4位に沖縄離島もランクするなど人気が高い。人気のアクティビティランキングでも恩納村でのシュノーケリングや西表島でのカヌー・カヤックなど上位の大半を沖縄での体験が占めている。

2位は「なつぞら」舞台の北海道で、十勝や帯広など道東方面の人気が高まっている。3位は九州、5位は首都圏。

バスツアーランキングは、首都圏発着、関西発着いずれも1位は新潟県「長岡まつり大花火大会」へのツアー。2位以降は阿智村「日本一の星空」や安曇野、新穂高ロープウェイなど長野県へのツアーが人気になるなど、首都圏、関西で同様の傾向になっている。

調査は6月18日時点の予約状況から。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ