楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本旅行 上半期の売上は5.8%増、国内旅行伸びる

19/09/03

日本旅行は8月30日、2019年12月期の上半期(19年1月1日~6月30日)の連結業績を発表した。

売上高は前年比5.8%増の254億3100万円で、営業利益は1億円(前年同期は7億3500万円の損失)、経常利益は5億6500万円(同4億1300万円の損失)、当期純利益は4億5500万円増(同3億6300万円の損失)といずれもプラス転換。各種の取り組みやゴールデンウィークの10連休効果などにより、主力の国内旅行が大きく販売高を伸ばした。営業費用は2.3%減の253億3000万円だった。

日本旅行単体の売上高は7.8%増の218億5400万円、営業利益は3400万円(同6億6600万円の損失)、経常利益は2億1700万円(同1億300万円)、当期純利益は12.9倍増の9000万円。海外旅行の販売高は3.3%増の600億3200万円、営業収益は4.7%増の42億400万円で、このうちマッハとベストツアーはスペインなど「No.1戦略国」への注力やウェブ専用商品の強化により、販売高は13.7%増の175億2200万円と2桁増となった。

団体旅行の販売高は、企業のインセンティブ旅行の受注拡大などで3.0%増の93億5600万円に。国際航空券などの単品商品は0.1%増の309億9200万円だった。

国内旅行の販売高は14.7%増の1363億9300万円、営業収益は7.2%増の141億1900万円。赤い風船はJR各社との連携やウェブ専用商品の強化により、販売高は12.7%増の469億7000万円と大きく増加した。

団体旅行はMICEの販売強化などに努めたものの、0.6%増の337億6700万円と微増に。JR券や国内航空券などの単品商品は31.%増の536億4700万円と大幅に増加した。訪日旅行などの国際旅行の販売高は2.7%増の231億円で、営業収益は13.0%増の28億9700万円だった。

通期の連結業績予想は、売上高が0.5%増の522億1000億円、営業利益が0.3%増の9億1000万円、経常利益が8.7%減の15億9000万円、当期純利益が54.1%増の9億8000万円。日本旅行単体では売上高が1.1%増の446億円、営業利益が105.5%増の4億5000万円、経常利益が7.5%増の8億1000万円、当期純利益が49.7%増の4億4000万円で、いずれも数値も前回発表から変更はない。

情報提供 トラベルビジョン

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ