楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

外務省 治安悪化のバルセロナ渡航・滞在に注意喚起

19/09/25

外務省は9月6日、海外安全情報で、「スペイン・バルセロナ市における治安悪化に関する注意喚起」を行った。9月24日現在も有効。

カタルーニャ州警察が8月、バルセロナ市において殺人事件、強盗事件等が増加し,治安が悪化していると発表したのを受けての注意喚起。

外務省では、バルセロナ市に渡航・滞在を予定している人に対して、多額の現金・貴重品を持ち歩かない、人通りの少ない時間帯や場所への外出を避けるなど防犯対策を徹底することや、外出の際には、周囲の状況に十分注意し安全確保に努めるよう求めている。

カタルーニャ州警察の発表によると、昨年に比べバルセロナ市では殺人事件が倍増したほか,強盗事件が約30%増加するなど、治安が悪化している。

日本人も強盗致傷被害に

外国政府高官がひったくり被害に遭った際に、転倒し頭部を強打して死亡する事件や、高級腕時計を奪われ負傷する事件が発生している。

日本人も、ひったくり被害に遭った際に転倒し骨折する重傷を負ったり、旧市街を観光中に5-6人の集団に引きずり倒され、金品を奪われたりする強盗致傷事件の被害にあったケースがある。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ