楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行アプリ「TRAVEL Now」、エボラブルアジアに事業譲渡

19/10/10

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛けるエボラブルアジア(東京都港区)は10月8日、バンク(東京都渋谷区)から運営するあと払い専用のオンライントラベルサービスアプリ「TRAVEL Now」事業を譲渡されたと発表した。

事業譲り受けの背景

「TRAVEL Now」は、 2018年6月に、 バンク社の既存サービス「CASH」に続くサービスとしてリリースされ、 リリース開始時より、エボラブルアジアグループにて旅行商材を提供してきた。 当初は企画旅行商品のみの提供だったが、 2018年9月より国内航空券単品での提供も開始し、 旅行商品の増加とサービスの利便性の向上を目指して共同で運営していた。

また、 2019年6月には、 バンクの新サービス「モノ払い」のリリースパートナーとして「エアトリ」にてサービスリリースするなど、 エボラブルアジアはバンクと積極的に業務提携を行ってきた。

こうした背景のもと、 さらなる「TRAVEL Now」事業の拡大を目指して両社で協議を続ける中、エボラブルアジアでサービスを運営することで、 より事業成長が見込めることから事業の譲渡が決定した。

事業の買収に伴う金額は非公開。

「今後は、 さらなる『TRAVEL Now』事業の拡大、 発展に邁進する」とエボラブルアジア。

TRAVEL Now

「TRAVEL Now」とは

「TRAVEL Now」は、 「いま行く!あとで払う!」をコンセプトにした、 あと払い専用のオンライントラベルサービスアプリ。誰でも10万円までの旅行であれば、 ボタン1つで今すぐ旅行にいくことが可能なアプリだ。

「TRAVEL Now」の特徴は、 1.10万円以下の旅行にすぐ行ける、 2.支払いは2ヵ月後でOK、 3.国内国外含む約65,000種類の旅行商品を用意しているという3点が挙げられる。

旅行業界初となるあと払い専用オンライントラベルサービスアプリ「TRAVEL Now」は旅行手続きの簡易化と新たな旅行機会の創出を可能にする。「航空券+ホテル」「高速・深夜バス」「遊び・体験」など国内・海外旅行を含む約65,000種類もの旅行商品が揃えられており、 旅行代金がなくても、 いま、 旅行に行くことができる。 旅行代金の支払いは、 2ヶ月後となるので、 ユーザーのライフスタイルの状況に合わせて利用できる。
サービスURL: https://travel.app/

バンクについて

バンクは、 目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わるアプリ「CASH」、 あと払い専用のオンライントラベルサービスアプリ「TRAVEL Now」、 「不要なモノ」で「新しいモノ」が購入できる新決済手段「モノ払い」などインターネットサービスの企画や運営を行っている。「CASH」は1.対象アイテムの写真を撮るだけですぐにキャッシュを受け取ることができること、 2.ブランド品だけでなく、 スマートフォンなどのガジェットまで幅広いアイテムが対象であること、 そして3.日時を指定するだけで宅配業者が集荷に来ることが特徴として挙げられる。

業績に与える影響

今期の業績へ与える影響は軽微と見込んでいる。「今後、 変更の必要が生じた場合には適時に知らせる」とエボラブルアジア。

バンクURL : https://bank.co.jp/
エボラブルアジアURL : http://www.evolableasia.com/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ