楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アムステルダムでは① Booking.com本社見学ツアーに参加

19/11/09

ブッキング・ドットコム・ジャパンは10月28-11月1日、オランダ・アムステルダムへの本社プレスツアーを行った。メディアに見せたい本社ってどんな感じなんだろう。本社見学の後は、アムステルダム市内のクールなホテルを案内してもらった。

元オランダ国立銀行をリノベーションした本社ビル

まことに不勉強ながら、ブッキング・ドットコムの本社がオランダにあるとは知らなかった。実はGoogleがこの世に誕生するより早い1996年にオランダで設立され、現在では世界最大規模のOTA(オンライントラベルエージェント)となった同社。アムステルダム本社は、旧市街の運河沿いにあり、いかにも由緒ありそうなthe bankビルは、元オランダ国立銀行をリノベーションして使っている。

ブッキング・ドットコム本社の入口

グローバルで17500人、オランダ国内では5000人のスタッフが働いている。ダイバーシティー化が進んでいて、スタッフの国籍は100カ国を数え、平均年齢は32歳と若い。オフィスを案内してくれたのはPR部門のスタッフでノルウェー出身の女性だった。

オフィスの壁には、あちらこちらにホワイトボードが掛かっていて、ディスカッションした跡だろうか、メモや付箋がペタペタとついていて活気ある様子がうかがえる。

各階でデザインが違っていて、たとえばアムステルダムがテーマのフロアにはバイクレーンが描かれていたりする。

2ユーロで食べられるランチは、さまざまな食文化にも配慮

5Fはカフェで11時半から2時まで開いていて、スタッフは2ユーロ程度の負担で好きなものを食べられる。メニューもスタッフの多様な国籍に合わせて、各国の料理を用意。しかも、メニューは毎日変わっている。

毎日変わるメニューは手描きでポップに

案内してくれた彼女が、オフィスで一番好きな場所という6Fには、市内を一望するテラスがあった。夏の晴れた日には、ソファーでゆっくり日光浴をするんだそう。

テラスからは2021年に完成予定の、新社屋の建設現場のクレーンが良く見えた。今は、オランダ国内の12カ所に散らばっている全社員が一緒に働くことになるそうだ。

右奥に小さくクレーンが見える

快適で働きやすい職場を提供することで、スタッフがどんどん新しいサービスを作り出し、競合他社との競争に勝って成長していこうという、ブッキング・ドットコム社の勢いが感じられる本社訪問だった。

文と写真 肥塚由紀子

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ