楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTB、19年度上半期は増収増益 GW10連休やラグビーワールドカップも追い風

19/11/19

JTBグループの、2019年4―9月期の連結業績が発表された。売上高は前年同期比0・4%増の6860億3900万円、営業利益は同68・7%増の64億2200万円、経常利益は同59・6%増の68億6900万円、純利益は43億5300万円だった。ゴールデンウイーク10連休やラグビーワールドカップ日本大会といった大きなトピックがあったことなどから、微増ながら全体として売上高アップにつながった。

個人事業は、GW10連休効果はあったものの、来店客数が想定通りに伸びず、売上高は前年並みに。営業利益の増加は推し進めている改革効果が徐々に出てきたことが要因という。国内旅行は関東や沖縄方面の企画商品が伸び悩み、宿泊商品が低調。海外旅行は欧州方面の堅調さが目立った。

法人事業は売上高が増加したが、重点投資領域の事業開発への投資もあり、わずかに減益に。国内旅行は、日本の旬「国立公園」で団体宿泊販売が拡大した。海外旅行はハワイや欧州などが堅調。ラグビーワールドカップ日本大会の公式観戦パッケージツアーも好調だった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ