楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「東京が2年連続でアジア圏内第1位」 アゴダ調べ、年末年始の渡航先

19/12/25

オンライン旅行予約プラットフォームあるアゴダ < http://www.agoda.com/?site_id=1811392> はこのほど、2019年12月31日から2020年1月1日までの同サイト上の渡航先予約データの分析結果を発表た。年末年始の渡航先として最も予約が多かった世界の都市は、 アジア太平洋地域では「東京」、 ヨーロッパでは「パリ」、 北米では「ラスベガス」を選出した。

各地域別で昨年のデータと比較すると、 アジア太平洋地域では東京が昨年と同じく最も人気で、 台北は第2位に順位を上げ、 バンコクが第3位に下がった。一方で、タイは同地域で大晦日を過ごすのに適した観光地が最も多い国であり、 活気ある3つの都市がランク入りを果たした(バンコク第3位、 チェンマイ第7位、 パタヤ第10位)。 初登場のマニラは第6位にランクインした。

また、 ヨーロッパでは、 パリとロンドンがともに2大人気観光地としての地位を維持し、 ローマがバルセロナを抜いて第3位の座を獲得した。 今年のヨーロッパのランキングで最も大きな飛躍を見せたのはミラノで、 無料の年越しコンサート、 伝統的なカウントダウン花火、 賑やかなナイトライフを展開して昨年から順位が3ランク上昇し、 第7位となった。

北米では、 世界有数の観光地であるラスベガスがニューヨークを抜き、 大晦日を過ごすのに人気の渡航先第1位に選出。 ロサンゼルスは昨年同様、 第3位を維持している。 ハワイのホノルルは今年初めてリストに加わり、 その魅力的なビーチ、 活気溢れるパーティー、 豊かな文化などが決め手で第4位にランクインした。

調査結果の概要は以下の通り。

2019年の各地域別大晦日渡航先ランキング (アゴダ予約データに基づく)

2019 人気 渡航先ランキング

アゴダの2019年の渡航先予約データ(2019年1月1日から12月31日まで)によると、 アジアの国々では日本とタイが、 世界中の旅行者の心を掴み続けている。 ヨーロッパ諸国の中ではフランスが王座を獲得し、 英国とイタリアは今年第2位、第3位となった。

都市別ランキングでは、 アジアではバンコク、 ヨーロッパではパリ、 北米ではラスベガスが、 過去12か月間でそれぞれの地域のトップに。 昨年と比較すると、 バンコクとラスベガスはそれぞれの地域で第1位の座を維持したが、 パリは昨年トップだったロンドンを抜き、 ヨーロッパで最も人気の観光地となった。

日本 の旅行者におけるランキング

年末年始 の旅行

日本人旅行者においては、 年末年始の国内旅行が変わらず人気だ。 人気の渡航先上位10か所のうち6か所が国内の都市で、 東京と大阪がそれぞれ第1位と第2位にランクインしている。

海外の渡航先で日本人に人気があるのはアジアの都市で、 バンコク(第3位)、 台北(第5位)、 ソウル(第6位)、 パタヤ(第8位)が選ばれている。これまで日本人旅行者に人気の年末年始渡航先ランキングのトップ10にランクインしていたバリが、 2016年以来初めて、 トップ10圏外となった。
2019 人気 渡航先

2018年に引き続き、 日本人旅行者には国内の観光地が人気で、 国別ランキングで第1位となった渡航先は日本。 昨年第3位だった韓国は第2位に順位を上げ、 タイがその後に続いた。

都市別ランキングでも東京(第1位)、 大阪(第2位)、 福岡(第5位)など国内都市が上位を占めている。 一方、 海外の都市で日本人に人気があるのは、 ソウル(第3位)、 バンコク(第4位)、 台北(第9位)などのアジアのメジャーな観光地だった。

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ