楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

訪日客に大阪のナイトコンテンツ提供 JTBが梅田で実施、万博見据え消費拡大へ試行

20/01/31

JTBは1月10日から、大阪キタでインバウンド向けのライブエンターテインメントショーを始めた。訪日客が夜に楽しめるコンテンツが乏しいことから、滞在時間や消費拡大を目指し、3月27日までの毎週金曜日夜に実施する。

ショーは「OSAKA NIGHT FUSION(大阪ナイトフュージョン)」。和風にアレンジしたダンスミュージックに、歌舞伎やマジシャンらのパフォーマンスを組み合わせた。観賞だけにとどまらず、パフォーマーと一緒になって盛り上がる参加型のショータイムも設けた。

大阪ナイトフュージョン

参加型のライブショーで盛り上がる会場

ショー初日に会見したJTBグローバルマーケティング&トラベルの黒沢信也社長は「訪日客のリピーター化が進み、消費構造が変わっていくと見ている。ナイトコンテンツが足りないという指摘が多く、2025年の万博を見据えて、新しいコンテンツのノウハウを高めていきたい」と話した。

海外では一般化している夜間観光だが、国内ではいまだ定着しているとは言い難い。観光庁でもナイトタイムエコノミーとして時間市場の創出に取り組んでいる。

黒沢社長は「夏には東京オリンピック・パラリンピックがあり、宿泊料金が高くなる東京が敬遠され、特にアジア人観光客は大阪へ流れができるのではないか」とし、訪日客の消費拡大を促すコンテンツ開発に意欲を示した。

チケットは2500円。JTBが京都、大阪の3カ所で運営する関西ツーリストインフォメーションセンターなどで販売する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ