楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

訪日客に大阪のナイトコンテンツ提供 JTBが梅田で実施、万博見据え消費拡大へ試行

20/01/31

JTBは1月10日から、大阪キタでインバウンド向けのライブエンターテインメントショーを始めた。訪日客が夜に楽しめるコンテンツが乏しいことから、滞在時間や消費拡大を目指し、3月27日までの毎週金曜日夜に実施する。

ショーは「OSAKA NIGHT FUSION(大阪ナイトフュージョン)」。和風にアレンジしたダンスミュージックに、歌舞伎やマジシャンらのパフォーマンスを組み合わせた。観賞だけにとどまらず、パフォーマーと一緒になって盛り上がる参加型のショータイムも設けた。

大阪ナイトフュージョン

参加型のライブショーで盛り上がる会場

ショー初日に会見したJTBグローバルマーケティング&トラベルの黒沢信也社長は「訪日客のリピーター化が進み、消費構造が変わっていくと見ている。ナイトコンテンツが足りないという指摘が多く、2025年の万博を見据えて、新しいコンテンツのノウハウを高めていきたい」と話した。

海外では一般化している夜間観光だが、国内ではいまだ定着しているとは言い難い。観光庁でもナイトタイムエコノミーとして時間市場の創出に取り組んでいる。

黒沢社長は「夏には東京オリンピック・パラリンピックがあり、宿泊料金が高くなる東京が敬遠され、特にアジア人観光客は大阪へ流れができるのではないか」とし、訪日客の消費拡大を促すコンテンツ開発に意欲を示した。

チケットは2500円。JTBが京都、大阪の3カ所で運営する関西ツーリストインフォメーションセンターなどで販売する。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ