楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

茶どころ茶園前面に観光文化の定着促す 仁王HD・岡本書明会長が開く新機軸

花と葉、菓子をセット商品化

茶の産地を盛り上げ、活性化したい―。高級輸入家具販売を中心に事業を拡大、全国展開してきた仁王ホールディングスの岡本書明(ふみあき)会長が新たなチャレンジに取り組んでいる。フリーズドライの技術を応用した日本茶や和紅茶の商品化で、生産地の特色を前面に観光文化としての定着を目指す。

岡本さんがお茶に取り組んだのは、ランドディベロッパーとして英国で活動していた実兄から「日本産の茶を欧州に輸出してほしい」と頼まれたことがきっかけ。グループの家具店が栃木県の那須高原にあったことから、栃木産の黒羽茶の生産者に相談。2つの茶農家ら賛同を得たものの、実兄から頼まれていた茶の輸出は頓挫してしまった。

「輸出ができなくなりました、はい、やめますでは格好がつかない。せっかく協力に名乗りを上げてくれた仲間のためにも何とかしなければ」。まったく畑違いの茶の世界に「やめるに、やめられへん」状態で足を踏み入れることになった。

調べていくと、お茶の流通や製品化の中で、川下である販売店の茶舗は前面に出ているものの、川上の作り手、茶園が完全に裏方になっていることに気づいた。「茶園を前面に、生産者が元気になるようにしないと、日本のお茶がダメになる」。岡本さんはそう違和感を覚えた。

そうして、岡本さんの試行錯誤が続く。茶園に通い続けると、濃緑な茶畑に交じって可憐な花が咲いている。調べてみるとお茶の花は、茶葉に負けず劣らず栄養価があることも分かってきた。「葉だけではなく、花も商品化できないだろうか」。

岡本さんが開発した「浪漫街道 日本茶所 銘茶&お茶トモ・セット」は、それを具現化した唯一無二の商品。一つのパッケージで3層からなり、フリーズドライした茶花と一芯三葉の茶葉などを上段に、中段には和紅茶や緑茶・煎茶、花緑茶のティーパックが入っている。下段には特産の茶菓子をセット。

浪漫街道 日本茶所 銘茶&お茶トモ・セット

「浪漫街道 日本茶所 銘茶&お茶トモ・セット」
の那須高原茶編

お湯を注いでティーパックから抽出し、フリーズドライの茶葉を浮かべていると温まって花が開く。そして、茶菓子を味わいながらお茶を楽しむという、目と鼻と舌と…五感を活用する“浪漫”を感じてもらおうという趣向だ。

現在、黒羽茶のほか村上茶(新潟県)、奥久慈茶(茨城県)、那須高原茶(栃木県)、山辺茶(奈良県)の茶園と提携。それぞれ産地の特色を生かしたセットの構成で販売している。

岡本さんは「訪問先の宿で、行き帰りの車中で味わってもらいたい」とし、産地による飲み比べセットも販売。生産地の活性化、客への付加価値提供のため旅館ホテル、飲食店などでの取り扱いを希望している。

仁王ホールディングスの岡本書明会長

旅館ホテルや飲食店、道の駅などへ
連携を呼びかける岡本さん

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ