楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

HIS、20年12月は欧州好調で総販は前年比103%の406億円

20/02/03

エイチ・アイ・エスはこのほど、2019年12月旅行取扱高状況報告を発表した。総販は前年比103%の405憶9253万円だった。発表は、同グループ5 社(オリオンツアー、クオリタ、クルーズプラネット、ジャパンホリデートラベル、エイチ・アイ・エス沖縄)の社内取引を相殺した取扱高の合計。また2019 年11 月から、日本における旅行事業のみに集計基準を変更している。それに伴い、前期数値も同基準へ変更している。

ロゴ

旅行区分別

1. 海外旅行

海外旅行は、香港・韓国における需要の減少は継続しているものの、年末年始が最大9 連休となったことから出発が12月に集中したこともあり、全体では好調に推移。方面別では、イタリアが前年同月比126%、スペイン・ポルトガルが同128%、アメリカ西海岸が同119%と⾧距離方面を中心に伸⾧した。また、家族旅行で人気の方面も増加し、ハワイが同114%、グアムが同114%、シンガポールが同115%となった。海外旅行の総取扱高は、前年同月比107.5%の352 億2,108 万円となった。

2. 国内旅行

国内旅行では、年末年始の⾧崎行チャーター便の就航や、冬の沖縄キャンペーン、北海道においては他社との協働など各種施策を実施したものの、全体では前年のふっこう割需要からの反動減もあり減少した。以上の結果、国内旅行の総取扱高は、前年同月比90.2%の34 億4,596 万円となった。

3. 訪日旅行

訪日旅行では、東アジアからの受客において、引き続き競争環境の悪化による単価の減少がみられて、訪日旅行の総取扱高は、前年同月比71.8%の19 億2,548 万円となった。

以上の結果、2019 年12 月の旅行取扱高の総計は、前年同月比103.4%の405 億9,253 万円となった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ