楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

第16回国内観光活性化フォーラム、甲府市で21年2月9日に開催決定 ANTA、国内旅行のあり方示す

20/05/26

「第16回国内観光活性化フォーラムinやまなし」が2021年2月9日、山梨県甲府市のYCC県民文化ホールで開かれることが決まった。一般社団法人全国旅行業協会(ANTA、二階俊博会長)がこのほど発表した。

国内観光活性化フォーラムはANTAの一大イベント。全国から会員旅行会社約1千社が集まる。今年、熊本県で開いた第16回フォーラムでは次回開催地は未定だったが、「熊本県でのフォーラムがすばらしく、小規模であってもフォーラムは欠かすことなく継続すべきだという声が多く、観光立県・山梨県に手をあげていただくことになりました」と、全旅協本部の近藤幸二副会長は語る。

近藤副会長は、21年に「風林火山」で知られる戦国武将・武田信玄が生誕500年を迎えることや日本有数のフルーツ王国、世界遺産の富士山をはじめ歴史・文化・自然・グルメなど、魅力ある山梨県を日本全国にアピールするチャンスと捉えて開催となったとしている。

武田信玄像

来年生誕500年を迎える武田信玄。
甲府市内の信玄像がANTA会員を迎える

また開催規模については新型コロナウイルス感染症の影響もあって「これまでより小さくなるかもしれませんが、当面インバウンド需要が見込めないなか、新たな国内旅行のあり方を示すフォーラムになればと思っています」と話している。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ