楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTB 東京でホテル利用のシェアオフィス事業、全国展開へ

20/07/30

JTBは、ホテルの遊休スペースを活用したシェアオフィス事業を、NECソリューションイノベータと共同で8月31日から開始する。

ホテルの客室や会議室にテレワークの環境を整え、企業にシェアオフィスとしての利用を促す。ウィズコロナの時代に、コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインを遵守したホテルを仕事場として提供することで、企業のテレワーク推進を支援する。

また、ホテルには新たな収益モデルとして事業への参加を提案する。

複数のホテルを利用できるため、社員の居住地に応じて利用可能なホテルが選べる。仕事場は共有のシェアスペースと個室を用意。料金は共有スペースが15分単位で200円から、個室は最低利用時間3時間からで料金は3000円から。契約費用はなく、利用時間分だけの支払いで利用できる。

7月27日現在で事業に参加を予定予定しているのは上野ターミナルホテル、オークウッドプレミア東京、スーパーホテル(東京都その近郊の一部店舗)、第一イン池袋、ハイアットリージェンシー東京、ホテルニューウエノ、ホテルラングウッド、ラ・ジェント・ホテル新宿歌舞伎町。

JTBでは2021年3月頃までに名古屋、大阪へエリアを拡大し、2022年3月までに全国展開を目指す。

利用企業は2020年度中に30社、2021年度は50社を目指す。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ