楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ワーケーションでのパーソナルモビリティの可能性探る KNT―CTとKNT九州が福岡で実証実験ツアー

20/10/16

KNT―CTホールディングス(米田昭正社長)と近畿日本ツーリスト九州(野崎佳政社長、KNT九州)は10月16日、福岡市と福岡県糸島市でワーケーションに関する実証実験ツアー「海も山も糸島の自然を大満喫!パーソナルモビリティ周遊ツアー」を始めた。ワーケーションでの小型電気自動車「パーソナルモビリティ」のニーズを探るもので、ワーケーションの推進と旅先での移動手段の提案につなげていく。

ツアーは、福岡市のスマートデザインアソシエーションと共同で企画。九州北部での新しい移動サービスを模索するため交通事業者らが10月5日に発足した「よかまちみらいプロジェクト」と連携、環境省のワーケーションの推進事業費等補助金の採択事業として実施する。

今回は、福岡市のJR今宿駅を起点に、トヨタのパーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」、トヨタ車体の「COMS」を貸し出し、周辺の玄海国定公園、糸島半島地区への移動などを促す。具体的にはスマート社が運営する同駅近くのシェアオフィス「SALT」を利用したテレワークをする人にパーソナルモビリティを使ってもらい、移動や観光を体験してもらう。その結果から、ワーケーションにおける「休暇」部分でパーソナルモビリティの利便性や可能性、ニーズを探る。

期間は来年2月28日まで。詳しくはhttps://www.knt.co.jp/tabinaka/sp/area/kyushu/200914/へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ