楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ワーケーション情報を一元的に提供 KNT―CT、NTTコミュや日本テレワーク協と連携

20/12/16

KNT―CTホールディングス(米田昭正社長)はこのほど、NTTコミュニケーションズ(丸岡亨社長)、日本テレワーク協会(栗原博会長)と協力してワークスペースや宿泊施設、現地情報などワーケーションに関する情報を連携して提供する取り組みを行うと発表した。ワーケーションに関する情報を一元的に提供し、利用者の情報収集や予約、手配の利便性向上につなげる。

日本テレワーク協会は全国のワークスペースなどの施設を分析、分類し、2社に提供。NTTコミュニケーションズはワーケーション専用アプリ「Dropin(ドロッピン)」でワーケーションで利用可能な施設の情報を検索、予約、決済まで可能にする。KNT―CTはドロッピンに全国のワークスペースに対応する観光情報を提供する自社のページをリンクし予約、検索を可能に。近畿日本ツーリストのサイトにワークスペースの情報も掲載する。

サービスの開始は2021年1月中旬を予定している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ