楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

阪急交通社、熊本県玉名市と社員派遣で協定締結 観光施策提案や旅行商品開発に従事

21/05/07

阪急交通社(酒井淳社長)はこのほど、熊本県玉名市(藏原隆浩市長)と「社員の派遣に関する協定」を締結した。観光施策での提言や旅行商品の開発などに取り組み、地域活性化につなげる。

協定は、昨年8月に一般社団法人地域未来企画を設立するなど地方自治体との連携強化を図る同社と同市が共鳴。特に人的交流による関係構築にも重きを置いていることから、三大都市圏所在の企業の社員が地方自治体で地域の魅力向上に従事する総務省の「地域活性化企業人(企業人材派遣制度)」を活用した。

具体的には、観光物産課に所属する「玉名市観光アドバイザー」として社員を派遣。観光戦略・施策の助言や提案、旅行商品の開発や販路の拡大に取り組み、地域の課題解決や長期的な地域活性化につなげていく。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ