楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

阪急交通社、北海道東川町と「オフィシャルパートナー協定」締結 旅行商品や視察プログラムを開発

21/11/05

阪急交通社(酒井淳社長)と北海道東川町(松岡市郎町長)は11月3日、「東川オフィシャルパートナー協定」を締結した。地域資源を生かした活性化策を展開し、交流人口の創出と拡大を目指す。

同町は「写真の町」として写真文化を推進するほか旭岳など観光資源を持ち、地域特性を生かした「適疎」なまちづくりを展開している。同制度は2019年1月に創設し、多様な企業と連携、まちづくりにつなげている。今回の協定締結で初めて旅行会社がパートナー企業に加わった。

阪急交通社東川オフィシャルパートナー協定

酒井社長(左)と松岡町長

今回の協定では、観光など産業振興、交流・関係人口、両者の発展へ向けた情報交換などを展開。具体的には同町の自然や環境を生かした長期滞在型やアクティビティ、農作業などの体験型旅行商品、移住希望者や視察希望企業に向けた見学プログラムを開発していく。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ