楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

KNT―CT中間決算、68億円の赤字計上も損失幅は縮小 通期売上高予想では旅行回復遅れで下方修正

21/11/12

KNT―CTホールディングス(米田昭正社長)は11月10日、2022年3月期の中間決算を発表した。売上高は前年同期比262・7%増の575億4600万円、営業損失は84億8300万円、経常損失は59億2500万円、純損失は68億5300万円を計上。赤字決算が続くが、売上高は回復傾向、損失幅も前年より縮小された。

コロナ禍が長引き、海外旅行や訪日旅行は回復せず、国内旅行も緊急事態宣言発出などで厳しい状態が続いた。オンラインツアーや近隣地域への旅行、感染対策を徹底的した修学旅行などの販売に注力。東京オリンピック・パラリンピック需要や、PCR検査や新型コロナウイルスワクチン接種の受付など旅行業以外の業務受託もあり、売上確保に努めた。

この結果を受け、通期の業績予想は、売上高は5月に発表していた1800億円から1500億円に下方修正。旅行需要の回復が想定よりも遅れ、今後もコロナ「第6波」への懸念が払しょくできないため。

営業損失は140億円のまま据え置きで、純損失は148億円から130億円に引き上げ。雇用調整助成金等の助成金収入が計上できる見込みであることや、事業構造改革による人件費、事務所賃借料などのコスト削減が進んだことが理由という。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ