楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR東日本 お盆期間の利用は前年並み

19/08/20

JR東日本は8月19日、お盆期間(8月9-18日の10日間))の利用状況を発表した。

期間中の新幹線、特急、急行列車のご利用状況(主要16区間計)は前年比1%増の499万8千人だった。新幹線はほぼ前年並みだったのものの、在来線は4%伸びた。

15-16日にかけて台風10号が西日本に上陸したものの、JR東日本管内では大きな輸送障害はなく順調に推移した。

主な路線ごとの利用状況は、新幹線では唯一、上越・北陸新幹線の大宮-高崎間が前年を1%下回ったほかは、東北、秋田、山形の各新幹線で前年並み、もしくは微増だった。

在来線が好調、伊豆方面は8%増加

在来線は羽越本線5%増、常磐線6%増、総武・成田線の成田エクスプレス5%増など、概ね堅調だった。

首都圏からの海水浴場として人気の静岡県伊豆半島、千葉県房総方面へは、東海道本線のスーパービュー踊り子号などが8%増と好調だったのに対し、外房・内房線のわかしお・さざなみなどが5%減と差がでた。

ピークは下りが8月10日の土曜日、上りは8月15日の木曜日だった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ