楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

国交省 9月13日から搭乗前保安検査を強化 

19/09/09

国土交通省はラグビーワールドカップ日本大会の開幕を1週間後に控える9月13日から、搭乗前の上着検査、靴検査、爆発物検査を恒久的に強化する。航空機へのテロ対策の一環で、通常よりも保安検査場が混雑することが予想されるため、利用者には余裕を持って空港に到着するよう呼びかけている。

上着については、国際線に加えて国内線でもコートやジャケットなどのX線検査を開始。靴については、国際線・国内線ともに安全靴や厚底靴、ブーツなどくるぶしを覆う靴はすべてX線検査の対象とする。爆発物検査については、無作為に検査員が体に触れて実施する検査に加えて、爆発物に反応する検査紙で体などを拭き取る検査も新たに実施する。

RWC日本大会期間はドローンの機内持ち込み禁止

あわせて9月13日から大会閉幕後の11月5日までは、ドローン(小型無人機)の客室内への持ち込みを禁止する。ドローンについては空港周辺などで許可なく飛行させることが禁じられているが、沖止めされた航空機に搭乗する直前などに、許可なく空港上空を飛行させるケースを予防することがねらいで、預け荷物とすることは可能。

情報提供 トラベルビジョン

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ