楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

11月6日まで、大韓航空の歴代ユニフォームがそろう特別運航

19/10/07

今年創立50 周年を迎えた大韓航空は10月7日、これまで応援をしてもらった人たちへの感謝の気持ちをこめ、これまでの歴代ユニフォーム11 種類をそれぞれ着用した乗務員が同じ便に乗務するという特別フライトを運航すると発表した。(機内サービスは通常と変更ありません)歴代ユニフォーム特別フライトは、大韓航空 民営化後、初の国際線就航地のホーチミンを皮切りに、ロサンゼルス、東京(羽田)、北京、香港、シンガポール、パリ、シドニーなど、世界の各都市を巡り、11 月6 日まで行う。

機内イメージ

1969 年3 月、大韓航空国営公社を引き継ぐかたちで発足した大韓航空は、世界動向やファッションの流行に合った様々なユニフォームを採用している。

機内イメージ2

大韓航空では創立50 周年を記念した様々なイベントを行っており、“Beyond 50 Years of Excellence”というスローガンがプリントされた特別塗装機も年末まで世界中を運航している。

イメージ

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ