楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR東日本、災害対策本部設置し北陸新幹線などの復旧急ぐ

19/10/15

JR東日本は10月13日、台風19号の被害状況を発表した。主な被害箇所は5カ所。北陸新幹線は1~2週間運行できないことが明らかにしている。災害対策本部を設置し、復旧を急ピッチで進める。

主な被害箇所

① 北陸新幹線 長野新幹線車両センター 浸水
② 中央本線 梁川~四方津間 土砂流入
③ 両毛線 大平下~栃木間 永野川橋りょう 橋台背面流出
④ 水郡線 袋田~常陸大子間 第六久慈川橋りょう 橋桁流出
⑤ 横須賀線 武蔵小杉駅 駅構内冠水

「台風 19 号の影響により、一部の線区では甚大な被害が出ており、運転再開まで時間を要することが見込まれている。現在『災害対策本部』を設置し、鋭意復旧作業に努めている」と同社。

台風19号 主な被害状況

被害状況

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ