楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

フェリーさんふらわあ2隻 内航船省CO2格付で最高評価を取得

20/07/16

国土交通省は7月15日、フェリーさんふらわあ(大分県大分市)が運航予定の日本初のLNG燃料フェリー「さんふらわあくれない」と「さんふらわあむらさき」など6隻に、内航船省エネルギー格付制度で最高評価の5つ星を付与した。

同省では、内航海運のCO2排出削減目標である「2030年度に2013年度比でCO2を157万トン削減」を達成するため、船舶の省エネ・省CO2効果を「見える化」し、評価する「内航船省エネルギー格付制度」の運用を、今年3月から開始した。

評価の対象は、1990-2010年に建造された同サイズの船舶と比較した、CO2排出量の削減率。0-5%減の1つ星から、削減率20%以上の5つ星まで5段階で評価し格付けする。5月にはケミカルタンカー2隻に、初の認定として5つ星を付与した。

格付けを得ると、船体やパンフレットなど、セールスツールにロゴマークを使用できる。

はじまったばかりの制度だが、今回、「さんふらわあくれない」と「さんふらわあむらさき」はフェリーとして初めての5つ星取得となった。

さんふらわあのイメージと省エネ船のロゴマーク

同省海事局海洋・環境政策課では「環境に配慮したフェリーということで、利用者に選択してもらえれば」と話し、旅行手段を選ぶ1つの要素にしてほしいと期待する。

内航船は国内の港から港へと人や物を運ぶ船で、国内には約5000隻ある。フェリーのほか、離島を結ぶ旅客船なども省エネルギー格付の対象で、海洋・環境政策課では内航海運事業者に制度活用を呼びかけている。

審査は建造中の船舶も対象になる。「さんふらわあくれない」と「さんふらわあむらさき」は、2022年末から2023年前半にかけ、大阪-別府航路に就航を予定している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ